交通事故の発生傾向について

| 未分類 |

サッカー01現代の生活において自動車は必要不可欠なものです。公共交通機関が充実していない地方はもちろんですが、公共交通機関が整備されている都会でも自動車はなくてはならない移動手段です。このように自動車は生活のインフラといってもいいくらいですが、注意が必要なのは事故です。自動車と交通事故は切っても切れない関係です。
事故を起こしたことがない人は全員が「注意をしていれば事故は起こさない」と考えています。しかし、この考えは正しくはありません。人間はそれほど完璧にはできていないのが実際のところです。事故を起こして初めて自分の運転の未熟さを実感します。
運転の未熟さとはズバリ、集中力を維持ししている時間の短さです。残念ながら人間は集中力をずっと維持していることはできない動物です。どんなにテクニックがあろうとも集中力が欠けていたなら事故を起こします。
そこで大切なことは「集中力がない」時間帯を自分なりに押さえておくことです。その時間帯とは一日の中の時間帯ではありません。運転を開始してからの時間です。実は、最も事故が起きる時間は運転を開始してから20分以内という統計が出ています。この理由は、運転を開始して間もない間はまだ頭と身体の集中力がマッチしていない時間帯です。このような傾向を理解しているなら事故を起こす確率を減らすことができます。