交通事故の悲惨さ

| 未分類 |

ゴルフ04交通事故の悲惨さはおそらく誰しもがイメージすることができると思いますが、実際のその悲惨さというのはまったく違った意味になってくるのです。なぜならば事故を起こした人もさることながら、事故を受けた人またはその事故を見た人、事故を処理した人など1つの事故だけで複数の人が必ず絡み合うということで、とても悲しいことになるのです。
つまり事故には決して良いことになるということは絶対にありません。事故は軽く済んだからいいとか、重いから悲しいとかと言うのではなく、全ての事故は本当にそれに関わるもの全てを悲しみに包んでしまうのです。加害者になった人も一度事故を起こした後は車に乗っていたならそれがトラウマになったり、再び事故を起こすのではないかという恐怖に襲われることがあるのです。
また被害者も事故現場の近くにはいけなかったり、事故を起こし時の衝撃により後遺症が残るということもよくあるのです。ですのですす事故は絶対に起こしてはなりませんし、事故を起こさないように常日頃から意識しておかなければならないのです。事故の悲惨さは事故を受けた当事者だけではなく、周りの人にもその凄まじさを与えることになるので絶対に事故を起こしてはならないのです。”