居眠り運転を防止するには?

| 未分類 |

自動車は非常に便利な道具ですが、その取扱を誤ると途端に凶器に早変わりしてしまいます。サッカー02
そして、普段安全運転を心がけている人であっても起こしがちなものに、居眠り運転があります。
特に現代人は時間に余裕が無い人が多いため、睡眠時間が足りなくなりがちで運転の時に睡魔に襲われて居眠りをしてしまうこともあるものです。

居眠りをしないための一番の方法は、何と言っても睡眠をとることですがそれが一番難しい物だったりします。
仕事で自動車を使わない人であれば、眠い時には無理せずに公共交通機関などを利用するという方法もありますが、仕事で使う人であればそのようなわけにも行きません。
そのため、眠気を感じた時には15分程度でも休憩を取り仮眠をとることで、居眠りを防ぐことができます。
しかし、その時間すらとることができないのであれば、ガムを噛むなどしてみるとよいでしょう。
ガムを噛むことで顎を動かすと眠気が覚めるため、居眠りを防ぐことができます。
また、冷房を強めにして顔に当てることで眠気を飛ばすことができます。
そして、コーヒーやお茶などのカフェインが含まれる飲み物を飲むと、眠気が解消されるためこれらの方法を上手に組み合わせて居眠りを防止すると良いでしょう。