飲酒運転はなぜ危険か?

| 未分類 |

サッカー03飲んだら乗るな。これは現在常識となっており、破った場合には厳しく罰せられることになります。もし、人身事故により相手を死に至らしめてしまった場合には、一生を棒に振ることになるでしょう。飲酒運転による事故は、これまで多数発生しており、それによる犠牲者も多くいるのです。
飲酒した際に自制心や理性が低下する感覚を覚えている方も多いと思いますが、そういった状態で運転をすれば、スピードの出しすぎなど、危険な運転をしてしまうであろうことは容易に想像できます。事故のほとんどは、この自制心の低下に起因するのではないでしょうか。
また、運動神経が麻痺し、ハンドル操作やブレーキをかけることが遅れることも危険の要因です。スピードが出ている状態ではブレーキをかけるタイミングはとても重要で、少し遅れただけでも危険度は増大します。
判断力の低下も要因のひとつです。飲酒した状態では、普段ではしないような判断をしてしまうことがあります。これは集中力や情報処理能力が低下することも関係しています。冷静に判断できていれば起こることがなかった事故も少なくありません。
いくらお酒が強い人でも、お酒を飲めば必ず体に影響が出ます。ですから、お酒を飲んで運転することは極めて危険なのです。