若者と高齢者の運転者が多い理由

| 未分類 |

交通事故はとても悲惨な結果を招くことが多くあります。交通ルールを守り、車を運転する人すべてが安全運転をする世の中になれば、交通事故が起きるゴルフ03リスクが軽減されます。交通事故を起こした人の年齢において、若者と高齢者の運転者が多いことが知られています。これにはどのような理由があるのでしょうか。
まず、若い年代は、運転についての経験が浅く、交通事故を起こしやすいようです。また、若気の至りのせいか、無謀な運転をする人が多くおり、それも事故の原因となっています。遊びたい盛りのこの年代は、事故を起こした時間帯について、深夜時間帯が多いことが分かります。夜中まで遊び、交通量の少ない道路でのスピードの出しすぎによる衝突事故が多いようです。この年代が事故を起こしやすいことから、保険料も高く設定されています。
高齢者は、運転の経験は多くありますが、判断力や情報処理能力、そして運動能力が衰えていることにより、交通事故を起こしやすいようです。アクセルとブレーキの踏み間違いなどは、能力の衰えの最たるものだと言えるでしょう。若い頃とは違うということを自覚することが交通事故を防ぐ第一歩です。また、免許センターなどで実施されている高齢者向けの講習を受けることも役に立つでしょう。