二輪車の露出性と傷害

| 未分類 |

二輪車の露出性に関する傷害とは、二輪の乗り物に乗っている時に事故を起こした場合の運転者の被害傾向のことです。ゴルフ08
特にバイクなどの乗り物に多い被害傾向で、転倒や打撲や擦過傷など様々な被害傾向がありますが、いずれも被害の状況によっては命に関わる場合があります。

二輪の乗り物にこのような被害傾向が多いのは、四輪の車と異なり二輪の乗り物は運転者の体が外に露出してるためです。
運転者の体が直接外に露出していると、事故時に運転者の体が路面や事故車に触れる危険性が大きく、運転者に大きな被害が出る可能性が高くなります。
また二輪の乗り物は、四輪の車のようにシートベトやエアバッグもないため、同じ事故状況でも二輪の方の運転者の被害の方が深刻になりがちです。

なるべくこのような被害を防ぐ対策には、運転規則を守ることや事故の被害を軽減する装備を身につけることなどがあります。
運転規則を守る対策としては、速度を抑え目にして交通関係の規則を遵守することなどがあります。
事故の被害を軽減する装備を身につける対策としては、ヘルメットを着用することやジーンズなどの厚手の服を着て、転倒や衝突時などの事故時に体を保護する服装をする方法が有効です。