横風を受けやすい車

| 未分類 |

サッカー05車を運転していると風に煽られたり、大型トラックなどが横を通ったりするとハンドルが持ってかれる車が存在します。そこで、横風を受けやすい車の特徴を考えます。
車は元々はレジャーで遊びにいくこと、仕事関係でお客様の元へ向かうなど遠くへ移動することを目的に開発されていることから、スピードが出るということが特徴です。それ故、風のある日に車を走らせると車体に風の力と走行している車の力が折衝することから、まっすぐに走行しているならば、横にずれたり思うように走ることが出来ないということが挙げられます。
特に軽自動車は風の影響を受けやすく、高速道路などでは大きく風の影響を受けてしまいます。それ故、高速道路では最高速度は出さずに80キロ程度で走行している軽自動車が多く見受けられます。
また、トラックも風の影響を受けやすいことが挙げられています。ハンドルが持ってかれることはありませんが、強風などでふと左右走行感覚がズレることにより、事故が発生してしまうことがあるからです。
このように軽自動車やトラックなど普通車より小さい車や大きい車が風の影響を受けやすいと言えます。そのような車はスピードの出し過ぎや、無理な追い抜きなどをせず普通車と比較して安全運転を心掛けて走行すれば風の影響は受けないでしょう。